2012年09月10日

書評:竹田青嗣 超解読! はじめてのフッサール『現象学の理念』 講談社現代新書

一般に「超越」というとカントのいう超越論つまり主観のアプリオリな限界を超越した視点(視座)や存在といった意味がある。たとえ主観を超えても理性が把握できれば「超越論的」であり、理性も及ばないものは「超越的」と呼ぶ。一方で、フッサールのいう「超越」は純粋意識が現象を構成する際に純粋意識を超越(補完)して現象を構成するものという意味がある。フッサールを読む際は超越の意味がカントとは違うということを注意して読まなければいけない。フッサールの超越は方法であり、カントの超越(論)は視点(視座)または存在である。

もちろん二つの超越は無関係ではない。カントのいう超越論的存在(物自体)やハイデガーが求めた「存在」、フッサールのいう「大地」といったものは、純粋意識からの「超越」という「方法」で確信するものであって、それは現象や世界を構成するという「超越」と全く同じ「方法」で確信するものだった。ただ、現象や世界を超越によって確信する方法とはベクトルが違うだけにすぎない。確信する対象が現象か存在かの違いがあるだけだ。だから「超越」に意味の二重性はないと考えても問題はないのかもしれない。(ただし、竹田さんは本書で二つの超越をきちんと分けて考えることを主張されている!というのも、現象に対する確信と存在に対する確信との間には、共通了解の確信が可能か、それともただ個人的確信に留まらざるを得ないかという大きな違いがあるからだ!)「超越(フッサール)」という「方法」で確信する「存在」が「超越論的存在(カント)」である。ただ『理念』においてフッサールは「超越」をカント的意味で用いており、フッサール的意味の「超越」概念は「構成的内在(明証的に構成される自己所与性という意味での内在)」という用語を当てている。そして「構成的内在とは実はカントの言う超越とみなされていたものだったのだ!」という論理の運びになっているからややこしい。

フッサールの現象学は厳密な基礎付けの学というスローガンがあるために、認識の究極的基礎となる存在や地盤といったものを獲得する学という誤解があった。ハイデガーの現象学のおかげで現象学が存在論に曲解されてきた。だが、フッサールはデカルトと同じく明証性(というより共通了解の確信)を獲得するための学の方法論を確立しようと努めたのであり、決して存在論を展開してはいない。そしてハイデガーの存在論もフッサールの方法論によって存在の確信を獲得しているために、ハイデガーはフッサールを全く超え出ていない。フッサールは学の基礎付けに失敗したという一般論は誤りである。他者との共通了解を得ているという確信を得るための方法論としてフッサール現象学は一つの究極点に到達している。

以上は本書から得た私のフッサール現象学理解である。私の読解は誤っているかもしれないし浅いかもしれない。しかし、竹田さんと西さんの「超越」概念に対する正確な把握は、新田氏をはじめとした日本のフッサール読解の誤解を完全に論破しきる力強さを持っているように思う。意識に先立つ根源的存在などフッサールは前提としていない。それは現象と同じく純粋意識からの超越によって確信を得られるものに過ぎなくドクサの枠をでない。より大切なのは、存在は現象(自然科学など)と異なり、共通了解の確信までは得ることができないから、存在の確信について共通了解を得ようとするとスコラ議論になってしまうことに自覚的になることだ。純粋意識という感覚を除けばフッサールはすべてに可疑性を残している。ただ現象に対する共通了解の確信可能性と存在に対する確信可能性という希望とそのための方法を示して。




【フッサールの最新記事】
posted by あれるげん at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | フッサール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。