2013年08月25日

書評:ウィリアム=デイビス『小麦は食べるな!』日本文芸社

私にはアトピー克服経験がある。アトピー克服において「植物油脂を断つこと」と「たんぱく質の取り方を変える」ことが重要だった。「たんぱく質の取り方を変える」を具体的にいえば、米の品種を変えることや強力粉を避けることなどだ。

米にはたんぱく質が含まれているが、私はコシヒカリなど品種改良が進んだお米のたんぱく質をきちんと消化できない。アミノ酸にまで分解する前のペプチド状態で体内に取り込んでしまう。食材の生命情報が残ったまま体内に取り込んでしまうため免疫が反応しアレルギー症状となる。品種改良が進んでいない古代米に近い「ゆきひかり」という品種に変えたところアトピーが出なくなった。

強力粉も同じだ。小麦粉に含まれるたんぱく質を消化できない。薄力粉ならば症状が出てこないが、強力粉を食べるとアトピーが現れる。それだけではない、私はたびたび寝ている時に金縛りの症状に悩まされていたが、強力粉を排除するようになった後には全くそれがなくなった。ときどきパンに挑戦してみるが、決まって数日後に金縛りに苦しむ。小麦も米と同じく品種改良によっておかしくなっているに違いない。アトピー克服経験からそう考えていた。

そんな折、新聞の広告で本書の存在を知った。書かれていることは、小麦の品種改良によってたんぱく質が変化し、人類が長年食してきた小麦と全く違う小麦になってしまっていることと、炭水化物摂取による血糖値上昇の危険性を訴えて低炭水化物食を進めるといった内容だ。特に小麦の全粒粉による血糖値上昇は半端ないという。

まさにわが意を得たりといった内容だ。近年遺伝子組み換えの危険性は盛んに訴えられているが、それ以前に行われた人工的な交配による品種改良の安全性は問題視されていない。それはおかしい。米も小麦も遺伝子組み換え以前からとっくに人類に合わない作物に変わってしまっている。

品種改良による小麦やお米のたんぱく質変化と植物油脂の過剰摂取はアトピーだけでなく現代増加傾向にある病気の大半の原因になっているのではないだろうか。アトピーは病気でも何でもなく、正常な免疫反応であり、狂っているのは我々の食糧だ。近年のアレルギー患者の増加は我々の食べているものはおかしいという免疫からの警告に違いない。

アトピーは病気ではない。アトピーになる人の方がむしろ正常なのだ。


posted by あれるげん at 14:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | アレルギー対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆきひかりに変えようと思うのですが、主さんは無農薬のゆきひかりでしょうか?

やはり少し高くついても無農薬にしたほうがいいですか?

芋類を食べてたのですがやはりちょっと苦しくなってきたので変えてみたいと思います。
Posted by 豆 at 2013年10月05日 22:13
<豆さま>

ご質問有難うございます。

私は市川農場さんの低農薬ゆきひかりにお世話になっています。

本日10月6日時点で10キロ4300円です。送料含めると5000円を少しオーバーしますけど、決して高くつくものではないと思います。

市川農場さんは無農薬ゆきひかりや精米を徹底してお米の表面を磨き上げてたんぱく質をそぎ落としたものも販売しています。

しかし私には普通のゆきひかりで十分に効果がありました。もう一年以上食べていますが、経過は良好です。

市川農場
http://www.yukihikari.com/
Posted by あれるげん at 2013年10月06日 11:05
ゆきひかり、私も買ってみようと思います。米を食べるとどうしても数時間後肌がザラつくんです。吹き出物も出るし。ちなみに私は小麦もそばもアレルギーです。小麦は色々な病気を引き起こしていると思います。胃、腸、その他精神的疾患まで小麦が関係しているそうですね。現に、欧米ではグルテンアレルギーは常識、グルテンフリーコーナーはどのスーパーでも置いてあり、グルテンフリー食は当たり前の常識として受け入れられています。健康に対して意識が高いセレブ、クリントン大統領もすでにグルテンフリー食を続けています。小麦に対して拒絶反応を示した私達のほうがむしろ正常というのはうなずけます。その最後のお言葉、とても納得させられましたし、勇気をもらえました。どうもありがとうございます。私も色々自分の体の声を聞き、毎日食事日記を書き続け、体調の小さい変化も記してきたことにより、米が私の体に合っていないことに最近気付きました。ところで、水あめは食べられていますか?私は水あめを食べると顔に湿疹、蕁麻疹ができます。水あめはとうもろこしからできているものと聞いたのですが、水あめにはグルテンを含むのでしょうか?水あめは普段避けていらっしゃいますか?
情報を交換できる人が近くにいないので、お返事いただけるととても嬉しいです。早速ゆきひかりは購入してみます。
Posted by R at 2014年02月06日 18:02
<Rさま>

コメント有難うございます。私もこの本を読んで以来、小麦は避けています。完全に排除するのは難しいけれど強力粉は絶対に避けるように心がけています。

水あめについてですが、おそらくトウモロコシのでんぷんを抽出することで作られているのでたんぱく質は入っていないでしょう。小麦やトウモロコシが痒みをもたらすのは品種改良によって変化したたんぱく質が原因だと考えているので、トウモロコシから作られているという理由では警戒していません。

ただ水あめは純度の高い糖質ですので、かなり血糖値を急上昇させているはずです。他の記事(http://judgethinkwill.seesaa.net/article/380398069.html)に書かせていただきましたが、血糖値の上昇とアトピーは決して無縁ではないようです。人体は、リノール酸という脂肪酸をアラキドン酸に化学変化させグリセリンとくっつけて脂肪として蓄えますが、アラキドン酸の過剰蓄積は炎症体質を招きます。このリノール酸からアラキドン酸へという化学変化の触媒にはインスリンが使われます。インスリンは血糖値上昇の際に放出され、糖を細胞に取り込み血糖値を下げるホルモンですから、血糖値上昇と炎症過剰は因果関係があるのではと疑っています。

ですから、水あめに限らず糖質全般の摂り方に気を使っているのが今の私の現状です。

あと、お米ですが、沢庵とセットで食べるのがオススメです。沢庵の消化酵素が助けてくれます。先人の知恵は偉大です。
Posted by あれるげん at 2014年02月08日 06:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。