2014年03月02日

貿易赤字とネーミングセンス

日本は貿易赤字国に「転落」したとよく言われる。しかし、貿易赤字国であることと国の繁栄とは全く関係がない。因果関係どころか相関性すらない。アメリカやカナダはずっと貿易赤字国であるが豊かだ。貿易赤字や貿易黒字と国の盛衰は全く関係がない。

日本は加工貿易で外貨を稼いで、その金で食糧やエネルギーを買っている。だから貿易赤字国になると食べていけない。そんな言説がある。全くでたらめだ。日本は別に加工貿易で食べているわけではない。加工貿易で儲かっている企業が多かったというだけに過ぎない。内需がしっかりしていて国内総生産をきちんとはじき出せば、資源がなかろうと、貿易赤字で国が貧しくなったりはしない。海外からきちんと物が買えている。貿易は勝ち負けがあるゼロサムゲームではないからだ。

では、なぜ某有名経済紙でさえ、貿易赤字と日本の衰退を絡めるような言説を垂れ流すのか。経済紙の記者が単に勉強不足というのが最大の理由かもしれないが、「貿易赤字」「貿易黒字」「貿易収支」という概念に対するネーミングセンスにも問題があると思う。

貿易収支というのは一年間における国内と国外で生じた付加価値(もうけ)の流れの決算である。国全体の輸出額(EX)から輸入額(IM)を引いたものである。市場のプレイヤー(個人や企業)が獲得した貿易による付加価値(もうけ)は貿易収支には現れない。貿易黒字は貿易による付加価値(もうけ)を示していないし、貿易赤字も貿易によって損失を出したことを示していない。国と国というマクロの枠組みにおいての貿易(トレード)では付加価値(もうけ)が生じ得ないからだ。日本国内で生じた付加価値が海外に流出した額と日本国外で生じた付加価値が日本国内に流入した額との比較で貿易収支の黒赤が決まる。貿易黒字とは日本国内で生じた付加価値が海外に流出していることを意味するし、貿易赤字とは海外で生じた付加価値が日本国内に流入していることを意味する。貿易黒字は日本国内で生じた付加価値が海外市場でその価値が見出され投資(長期的視野で売買)されていると解釈できるし、貿易赤字は海外で生じた付加価値が日本市場でその価値が見出され投資(長期的視野で売買)されていると解釈できる。「貿易」というより、日本と海外の「トレード」の総決算である。日本国の国内で生じた付加価値と、外国の国内で生じた付加価値のやりとり(投資)の総決算である。

一年間で日本国内で生じる付加価値の総額は国内総生産(GDP)である。GDPを支出面からみると、その用途は消費に回されるか投資に回されるしかない。貿易黒字になるということは、このGDP(付加価値)の一部が国外に投資されることを意味する。日本のGDP(付加価値)が消費(C)と民間投資(I)と公共投資(G)だけでなく、海外に流れちゃっている(EX−IM)のが貿易黒字である。貿易赤字は逆に外国のGDP(付加価値)の一部が日本国内に流入していることを意味する。そのお金で消費(C)が拡大し、C+I+Gの合計がGDPより大きくなる。

上記のような概念の相関性を考えると「貿易収支(international trade balance)」という概念は「国際投資」と呼び変えた方が適切ではないかと思う。貿易赤字というより国際投資が赤字なのだ。貿易黒字なのではなくて国際投資が黒字なのである。「貿易(とりかえる)」という概念では狭すぎて、EX−IMの概念をうまく説明しきれていない。だから誤解を招く言説がでてくる。「トレード」という概念は「貿易」よりはるかに広い。ただ単に現在の利益をもとめて財物をとりかえているのではない。未来においてさらなる豊かさを生み出すためにトレードするのだ。

大切なのは貿易赤字を嘆いて、何が何でも貿易黒字国に返り咲こうとするのではなく、貿易黒字国から貿易赤字国に変化していく日本の実態ををよく観察し、変化の原因を突き詰めて対策をたてていくことだ。そのときに無理に流れに逆らう必要はない。下手に逆らうと無理がたたって病気になる。貿易赤字(国際投資が赤字)でも豊かになる道はいくらでもあるのだから…。というより日本市場(内需)が活発だから貿易赤字になるのであって、どちらかというと赤字の方が実質として豊かのである。


まあ、黒字赤字という呼び方も変えた方がいいかもしれないけれど・・・。


※以下の記事も補完としてご覧ください※
・貿易収支を理解するための架空話
http://judgethinkwill.seesaa.net/article/390421866.html
・貿易赤字「再考」
http://judgethinkwill.seesaa.net/article/390656101.html




タグ:貿易赤字
posted by あれるげん at 13:18 | Comment(5) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!

目の周りのアトピー お米の可能性高いのですか? 再発して困っています。
はじめての情報でビックリしました。

再発の度に悪化して治るのに時間がかかってますが
治る前の落屑の時は何を食べてても痒みはつきものなのでしょうか?

Posted by スー at 2014年03月29日 17:18
<スーさま>

コメント有難うございます。

お米の消化不良が原因の場合、痒みはすさまじいです。原因となった食材によって痒みのレベルが違います。植物油脂の過剰摂取からくる炎症は耐えられないというほどではないですが、消化不良からくる痒み、特にお米からくる痒みは正直言って地獄でした。

消化不良からくる炎症と痒みそして落屑という流れは、原因食材を食べてから3〜4日、場合によっては1週間ぐらい経過してからやってきます。一般的な食物アレルギーと違って、食べてすぐに症状が出るわけではないのでタチが悪いです。アトピーの原因特定を困難にしている最大の理由だと思います。

炎症とその結果としての落屑は、以前に食べてしまった何かによるものなので、痒みが襲ってくるその日に食べたものとは何の因果関係もない。それがアトピーと一般的な食物アレルギーの最大の違いだと思います。ですから、落屑の時は何を食べてても痒いです。
Posted by あれるげん at 2014年03月30日 06:07
返信有難うございました。

目の周り、もう気が狂いそうな痒みで爪でかいてしまいます。
色素沈着しないか心配になります。 何度も何度も落屑してます。
米アレルギー アレルギー検査では常食してるものはどれも問題なかったのですが遅延性もあるらしいですね。
あれるげんさんもアレルギー検査では反応なしでしたか?
去年から何度も再発していますが今回が一番ひどいんです。

お米止めてみたいけど もう限界まで痩せてしまったので野菜だけの摂取ではカロリー不足に。

ゆきひかりにしてみたいと思います。 有難うございました。
Posted by スー at 2014年03月30日 16:04
<スーさま>

色素沈着というのはステロイドの後遺症として恐れるべきもので、アトピーで掻くことと色素沈着とはまったく関係ないと思います。自分も目の周りが真っ赤になって、それこそ気が狂いそうになるほど掻きむしりましたけど、綺麗に治りました。目の周りはロコイドとフルコートを7年塗り続けた後、脱ステで地獄を経験し、一体どこから湧き出てくるんだというほど落屑を山のように出しましたけど、何ら色素沈着はありません。

またアトピーについてはアレルギー検査は全く参考にならないと言ってもいいと思います。検査結果よりご自身の体感を何より重視してください。

あと食事制限についてですが、カロリー不足よりたんぱく質不足の方を恐れてください。生物が食事をする一番の目的は、水分摂取を別にすれば、たんぱく質の摂取による必須アミノ酸の獲得です。どうやってアレルギー食材を避けながら必須アミノ酸をきちんと摂取するかを第一のテーマとすべきです。

青魚アレルギーがないのならば、青魚を毎日食べることがベストです。青魚はよい油が摂取できるだけでなく、たんぱく質の消化が簡単で、牛肉や豚肉より胃腸に負担をかけずにアミノ酸を摂取できる点でも優れています。

畑の肉といわれる大豆を発酵させた食材(味噌など)と青魚の組み合わせれば、必須アミノ酸を十分とは言えなくても必要最低限は摂取できると思います。そうすれば痩せすぎを防ぐことができるかと思います。

お米を止めても生命維持に何ら害はないです。最近は炭水化物は人体に害悪だとして一切摂取していない人たちもいるくらいですから。でも、タンパク質の摂取不足は命にかかわります。肝心なのはカロリーではなくアミノ酸(たんぱく質)の摂取方法です。
Posted by あれるげん at 2014年03月30日 18:56
あれるげんさん、返信有難うございます。
色素沈着がなかったとのことでとても安心しました。

たんぱく質不足は気を付けてますが今回は魚も断っていました。
お肉は平気ですがお魚は時々食べたくなります。
体が欲してるのか脳(心)が欲してるのかが・・・わからなかった所です。

アトピーなる前はお米をあまり食べず、なってからの方がお米と野菜中心にしたのですが・・・
最初にできてたアトピーは直ぐ治り その後アトピーが部分的にでるようになりました。

お米断ってみたいと思います。
沢山のアドバイス有難うございました。 感謝します!

Posted by スー at 2014年03月31日 09:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。