2014年03月06日

貿易赤字「再考」

前々回の記事(http://judgethinkwill.seesaa.net/article/390259558.html)で貿易赤字を「国際投資」と呼んだ方がよいと考えた。貿易ではトレードの概念を表現しきれていないとも考えた。でも代案である「国際投資」では海外と物のやり取りをしているというイメージを表現できていない。これではダメだ。また黒字赤字という表現も改めた方が良い。

ではどうするか。

そもそも貿易収支の「収支」がいけない。「収支」と言う呼び方には物事が終わった結果としての収入と支出のバランスというイメージが出ている。だが、貿易黒字・赤字は貿易によって未来において付加価値を生み出すために一時的になされる価値のやり取りであって結果ではない。これからも貿易をし続ける関係だからこその信頼の黒赤である。でも、「収支」ではザ・決算!という感じで、もうこれでしまいや!という感じが出てしまう。だから貿易赤字だと悪いように感じてしまう。

ならば、もう貿易収支と呼ぶのはあきらめて、「貿易資本」さらには「貿易資本投資」と呼ぶことにしたらどうだろう。「資本」ならば元手という意味であり、未来に向かって貿易をやり続けるんだ!むしろ今からが始まりなんだ!そのためのプラスマイナスなんだ!というイメージが表現できる。

そして赤字黒字は「受け(赤字)」「渡し(黒字)」と表現するのはどうだろう。「受け」「渡し」ならば数値でマイナス・プラスとなるイメージと連動しつつ、損失や利益の概念と縁を切れる。むしろ「受け」にお得感を少し出せる。実力(GDP)に見合わない極端な「貿易資本投資」を「受け」すぎるとギリシアように押しつぶされるイメージも出せる。

貿易赤字10兆円は「貿易資本(投資)」10兆円の「受け」であり、貿易黒字10兆円は「貿易資本(投資)」10兆円の「渡し」である。日本は今までは長らく貿易資本の「渡し役」だったが、これから貿易資本の「受け役」に回るわけだ。国際社会で果たす役割が変わっていくのである。


追記

ただし、上記のような貿易赤字は必ずしも悪とは限らないという判断は、あくまで経済理論上であることは押さえておくべきだろう。経済理論においては、電力会社のような、燃料輸入債務が直に電気代として国民全体に跳ね返ってくる半官半民のプレイヤーの存在を考慮に入れていないからだ。今の日本における貿易赤字の一部は、原発停止に伴う燃料輸入費増加であり、これはのんきに座視してよいものではない。

posted by あれるげん at 19:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アトピー対策で辿り着きました。
なるほど!と思うことばかりでした。
乾燥時の皮膚の保湿ってどうされていたのか教えていただけませんか?
Posted by 8293 at 2014年06月01日 13:56
<8293さま>

コメントありがとうございます。

かつてはワセリンなどで保湿対策をしていました。風呂上りの肌が一番乾燥に弱いため、風呂からあがってすぐに大量のワセリンを患部に塗るなどしていました。

しかし、食事療法が効いていると確信を持ててからは、肌の状態は体内で起きていることの便りだと考えるようになりましたので、ステロイドはもちろんのこと保湿対策も行っておりません。

乾燥がひどいと痒みどころか痛みも織り交ざってくるので大変でしたが、食事療法が効いている感覚があったので何とか耐え忍ぶことができました。
Posted by あれるげん at 2014年06月01日 22:55
あれるげん様

ご回答ありがとうございます。
では、食事療法を試しつつ、耐え忍んでみます^^
Posted by 8293 at 2014年06月02日 22:15
追記はおかしいと思います。貿易は輸入が悪く輸出が良いと言う物ではない事が真理です。追加の燃料代が良くないなら、成り立たない。電力会社が効率的に燃料を使い使用量を減らし、より安く安定して調達できる方法を考え、座視せず燃料代を払っても成り立つように努力すればよいだけで、輸入を否定する結論は最初の貿易赤字は悪い事ではないを失い支離滅裂に陥っていると思います
Posted by 通りすがり at 2016年08月16日 00:46
通りすがり様

コメントありがとうございます。

確かに震災の影響で燃料費が増大して貿易赤字が拡大したとしても、それはマクロな視点では、核分裂を用いず安定的に電力を供給し、付加価値を産み出すための投資拡大と言えますから理論的には何ら問題ないですね。

あの追記は、確か当時、我が家の電気代が上がりまして、その怒りと悲しみが込められております(笑)。でもその怒りは政府や電力会社の不備に向けられるべきであって、経済理論ではないですね。まるで理論に欠陥があるかのようなこじつけ的な書き方をしたのは誤りだと思います。

ご指摘感謝します!
Posted by あれるげん at 2016年08月16日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。