2016年05月28日

身も蓋もない単純アトピー克服法

アトピー克服法は簡単に言ってしまえば

「米、小麦、卵、牛乳、植物油を食べるな」の一言に尽きる。

臨床経験の中で上記食材がアトピーの五大原因であると喝破されたのは下関市立中央病院の永田良隆先生である。彼の著書「油を断てばアトピーはここまで治る」で書かれていることを基礎に、自分なりに食事を変えることで重度アトピーから脱却できた。いくら感謝してもしきれない。

先生はご著書の中で、上記食材を永遠に避ける必要はなく、肌の炎症が回復した後は、徐々に食べられるようになると主張されている。私も上記食材を完全に避けると栄養が偏った食事になってしまうので、各自、自分に合った方法で上記食材の摂取許容量を見極めることが大事だと思っていた。

しかし上記食材に注意を払って食事をするようになって数年が経過した今、上記食材はできる限り摂取しない方がよいのではないかと考えるようになってきている。というのも、上記食材を少量ながら摂取を続けると半年ほどのスパンをおいてアトピーが再発するのだ。そして上記食材を完全に断てば、アトピーはまた綺麗に治る。この経験を何度か繰り返して思うのは、上記食材は日々の摂取量に関係なくその毒性は蓄積するのではないかということだ。日を開けて摂取しようと、少量摂取しようと関係なく、体内に毒性が蓄積し、その蓄積が許容量を超えるとアトピーとして皮膚から排出現象が起こる。そうとしか考えられない経験をしてきた。

ここからはあくまで仮説になるが、人間はそもそも米や小麦を消化できるようにはできていないのではないか。消化器官の形状からみて人間は基本的に肉食である。おそらく魚介類を中心とした肉食が本来の姿だ。だが魚介類を豊富に獲得できる環境は限られており、非常食として穀物や家畜に頼る生活が確立していく。その中で例外的に腸内細菌の力を借りて高い穀物消化能力を獲得した人々が社会的強者となり、子孫を残していく。そしていつの間にか穀物を主体とした食文化が優勢となってしまったと考える。山幸彦(弟)が海幸彦(兄)を従えたように・・・。

穀物消化のために徐々に進化してきた人間の腸内環境はどうやら母体を通じて子孫に伝達されるらしい。出産の際に産道を通るとき、産道に存在する腸内に似た多様性をもったバクテリアのシャワーを赤ん坊は浴びせられる。産道を出ておぎゃあとはじめて泣き叫んだ瞬間から胃酸が出始め、数々の免疫機構が侵入する異物を排除し始める。そのため体内に有益なバクテリアを仕込むチャンスは産道を通る瞬間しかない。近年、日本の子供は4人に1人が帝王切開で生まれる。彼らはこのバクテリアのシャワーを浴びる機会を逸したまま生まれてきてしまうのだ。加えてウイルス性の風邪に対しても意味なく抗生物質の投与が盛んに行われてきた環境が日本にはあり、絶妙に選りすぐられた腸内細菌は容易に殺戮される。かつ消化困難な米、小麦を毎日これでもかと摂取できる食環境が我々を被う。

アトピーをはじめ様々なアレルギー疾患が増えて当然である。

整理しよう(あくまで仮説です)。そもそもここ数千年の食文化が消化器官の形状からして適したものではない上に、そのズレをなんとか補完してきた腸内細菌群を帝王切開によって母体から受け継ぐことを遮断し、抗生物質の不必要な投与によって、わずかに存在する腸内細菌群の多様性に追い打ちをかける。さらには豊かさが増すことで消化困難な穀物を大量に常食し、不適切な食文化にブーストをかける。ジ・エンドだ(笑)。

よくアトピー克服には腸内環境の改善が大事という言説をよく効く。企業も乳酸菌をはじめ怪しげな健康食品を腸を整えるとかいって次々に販売している。だが、経験から言って究極的にはアトピー克服に腸内環境はどうでもいい!!上記食材を完全に断てば寝冷えで下痢しようと便秘気味になろうとアトピーは悪化しない。自分は帝王切開で生まれ、子供のころ不必要に抗生物質の投与を受けたが、上記食材を断つことでアトピーは克服できた。腸内環境の改善でアトピーがよくなったように感じるのは、あくまで米や小麦の消化能力が多少改善した結果であろう。いかに腸内を整えようとも、消化困難な米、小麦を常食していればアトピーは根本的には治らないのだ。

よく噛む必要もない。よく噛んで食べるということがアトピーのみならず健康増進によいと叫ばれているが、よく考えるとおかしい。人間以外の野生動物でよく噛んで食事している動物がどこにいる。食は短時間で済ませるのが厳しい生存競争を勝ち抜く絶対条件である。よく噛んで食べないと健康を維持できないということは、つまり消化器官にマッチした食生活をおくっていない証ではないか。消化器官では本来消化できるようになっていない食材だからこそよく噛む必要があるのだ。米や小麦は本来人間の食べるべき食材ではない。例外的非常食だ。だからよく噛んで食べなければ健康を害するのだ。

米、小麦をきちんと消化できる人というのはあくまで例外であり、腸内環境が絶妙なバランスの上で成り立っているヤジロベー的存在であり奇跡なのだ。アトピーはこのヤジロベー的バランスが崩れていることを示す証拠であり、すでに例外的な奇跡の人ではなくなったという悲しいお知らせなのかもしれない。現代の食文化の中で上記食材を断つというのは受け入れられないことかもしれないが、あの痒みの日々よりまったくマシだ。覚悟を決めよう。何のことはない。奇跡の人(山幸彦)から普通の人(海幸彦)に戻るだけである。普通の人のくせに奇跡の人の食事を続けていれば、いずれ命に関わる重大疾患に罹患するのがオチである。

腸内環境の改善に日々努力したり、生活リズムに気を配ったり、ダニや風呂やシャワーの水といった外部環境の改善にカネをかけたり、高価な化粧品や漢方の軟膏に大金をはたいたり、無農薬オーガニック野菜をネットで購入したりすることはアトピー克服に一切不要だ。

「米、小麦、卵、牛乳、植物油を食べるな!」これで十分である。

次いで「青魚を毎日食べよう」を加えれば鉄壁だ。

※ちなみになぜ卵、牛乳が消化困難で食べてはいけないのかについての仮説は下記記事を参照してください。トンデモ論を披歴しております(笑)。

・米、小麦こそガンの主要因!?
http://judgethinkwill.seesaa.net/article/424653315.html

※植物油とアトピーに関しては脂質バランスの問題であり、当ブログのあちこちで記述しておりますので、よろしくご参照ください。





【アトピーの原因と対策の最新記事】
posted by あれるげん at 14:37 | Comment(8) | TrackBack(0) | アトピーの原因と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
素晴らしい記事ですね。私は貴ブログが無かったら今頃まだ路頭に迷っていただろうと思うと感謝してもしきれません。
私は皮膚病(ニキビ、肌荒れなど)に対して現在糖質制限(断糖)+リノール酸除去を日常的にやっております。
一時期白米とキャベツしか食べない生活(マクロビオティックを意識していました)をしておりましたが、この食事法は少なくとも私には(おそらく多くの人に当てはまると思いますが)間違いでした。
顔が赤く・かゆくなり、薄皮がむけるのです。皮脂もべとべとになり吹き出物が多くなりました。
マクロビでは過剰な糖質、植物性のリノール酸過多、蛋白質不足など問題点が多すぎます。あと、みなさん大豆を健康食品と勘違いしすぎています。大豆ほどリノール酸の多い食品はないというのに。甲状腺機能低下や、アブシジン酸、フィチン酸の問題など、とてもヒトの食べるものではないと思います。

私は基本的には肉(牛、豚、鶏)+魚を蛋白源にして卵・大豆(豆腐、納豆であろうとNG)は除去しております。他に優秀な蛋白源は無いものかと模索していたのですが、魚由来の低分子コラーゲンは有用ではないかと考えております。といいますのも、脂質がほぼないに等しい、加熱・酵素分解されているので危険な生命情報が抹消されている、水銀・PCBなどのポジティブリストが製造段階で検査されており比較的安全(ちゃんとしたコラーゲン製造会社である必要はあります)、ヒドロキシプロリンなどコラーゲン由来の蛋白質でなければ含まれていないアミノ酸があり、これが間接的にヒトの結合組織量を増やし皮膚や腸壁を増強する、などが理由です。私も半年ほど10〜30g/日ほど摂取していますが、大きなトラブルはないです。ただ、糖質と一緒にとるとニキビができます。あくまで、厳格な糖質制限のうえでの話です。
あと、主観的な評価ですが、皮膚に張りが出ます。

あれるげん様のご意見をよろしければお聞かせ願いたく思います。あと、乾癬も蛋白質・脂質というよりも糖質(穀物、砂糖、果物、酒)が原因のようです(三戒堂水宝という整体師さんの本を読みました)。
基本的に、アトピー・にきび・乾癬などの皮膚病は真の原因は糖質でその触媒としてリノール酸等の植物油があると私は思います(皮膚病だけではなくあらゆる疾患もそうだと思います)。あれるげん様も糖質制限に関して触れていらっしゃいましたが、余計なお世話かもしれませんが、断糖されたらもっと皮膚の状態が改善するのではないかと愚考しております。
Posted by ゆう at 2017年10月17日 10:37
ゆうさま

コメントありがとうございます。

コラーゲンについてですが、無理に特別なタンパク源を探す必要はないと個人的には思います。必須アミノ酸を必要量きちんと取ることは重要です。しかし取りすぎも怖い。

最近の個人的経験からタンパク質の必要最小量と最大許容量の範囲は非常に狭いと感じています。また生活スタイルによっても全然違う。全く運動しない体重60キロの人は60グラム採れば十分だけど、運動をよくする場合、必要量が120グラムというように二倍三倍必要になってくる。見極めが非常に難しい。

普通に生活する場合は一般的食材からタンパク質の必要量は十分確保できるし、それ以上のことをすると容易に許容量を越えてしまう危険があると思います。

高齢化によって糖尿病が増えていますが、同じように腎不全も増えていると聞きます。現代の豊かさは膵臓だけでなく腎臓もくたくたにしているのです。糖質制限にしても糖質さえ取らなければ、他はお腹一杯食べても大丈夫と思っている人がいるので心配です。

タンパク質、脂質、糖質の必要量は遺伝による臓器の能力や生活スタイルによって人それぞれ。自分にあった摂取スタイルをトライアンドエラーを繰返し発見することがアトピー克服には不可欠と考えます。

アトピーは病気というより、タンパク質、脂質、糖質の取り方や量を間違えた場合、体の内部に溜め込まず、皮膚炎症として教えてくれる優れた体質なんだと思います。
Posted by あれるげん at 2017年10月17日 22:20
御無沙汰しております。前回コメントさせていただいたものです。
あれるげん様の御考えがまことに正しかったことを身をもって実感いたしましたので、御報告したく今回コメントいたしました。
厳格な糖質制限は前回コメントさせていただいて以降も続けていたのですが。ω6系に対する対策が甘く、顔の赤みや痒みが続いておりました。断糖でも皮膚の状態は改善していたのですが、なぜ、赤みや痒みが続くのか考えたときに、鶏卵や肉からくるω6を排除しきれていなかったのだど最近ようやく気付きました。
肉類を摂取したときと、青魚を多めに摂取した時では翌朝の皮膚の状態が全く違い、確信しました。それと同時に、魚介類が優れた蛋白源であることを再認識しました。
糖質制限+ω6制限が皮膚疾患をはじめとする慢性疾患の福音になることを切に願います。
Posted by ゆう at 2018年02月16日 18:06
ゆうさま。

コメントありがとうございます。

私も10年以上かけて色々な食事法を試した結果、なぜ皮膚炎が出るのか良く分かるようになりました。イヤになるほどトライアンドエラーの繰り返しでした(笑)。

アトピーは糖質、脂質、タンパク質の取り方の問題であり、食事を変えるだけで完全に治せる。全くステロイドに頼る必要がない状態にもっていける。そもそもアトピーは病気ではなく、食事法が誤っていることを知らせる体内からの警告である。糖質、脂質、タンパク質のうち、どの栄養素の取り方がどのように間違っているかは人それぞれである。だからアトピー対策は迷走している。ゆえに自分でトライアンドエラーを繰り返し最善の道を時間をかけて見つけ出すしかない。

これがアトピーの結論だと今は確信しています。あんなに苦しめられたのに、分かってしまえば実にシンプルなことでした。

ゆうさまもより良いゆうさまにあった食事法を見つけられたようですね。このブログがほんの少しでもお役にたてたのならば、嬉しいです。
Posted by あれるげん at 2018年02月23日 19:57
あれるげん様、コメントありがとうございます。

こりがいもなく先日鶏肉のササミを食べたら見事にかゆくなり、発疹が出てきました。脂質がほとんどないのになぜ?と思ったのですが、少量の脂質であっても、n-6系が肉類の中でもずば抜けて多いし、鶏肉の飼育環境や穀類のカビ毒や添加物に汚染された飼料を食べていることを考えれば当然なのかもしれません。一方で常識的な量の牛肉であれば大丈夫そうです。(豚肉は怪しいですが)
サバの塩焼き、するめ、ちりめんじゃこのみの生活にしたらすぐに赤みはひきました。
どうして味覚的においしいものと、健康にいいものはこれほど乖離しているのでしょう。これが一致していればこんなに幸せなことはないでしょうに。人類が増えすぎないように仕込まれた甘い毒なのでしょうか。

アレルゲン様は現在はどのような食事をされているのでしょうか?非常に興味があります。
もしよろしければ是非御教示ください。私は現在魚食中心なのですが、カロリー不足からか少しふらつきます。どうやってカロリーを確保していらっしゃいますか?

Posted by ゆう at 2018年03月11日 16:03
ゆうさま

コメントありがとうございます。

最近の食事法はシンプルです。
・植物油の摂取はできうる限り控える。
・青魚を中心に魚をよく食べる。
・激しい運動をしない一日のタンパク質の摂取は体重の1000分の1+10グラムに押さえる。
・血糖値の急激な上昇を抑える工夫をしながら糖質を摂取する。白米には海苔とか、ちょこちょこ間食してガッツリ食べるのを避けるとか。

こんな感じでしょうか。ネットアクセスが専らスマホになり、ブログ更新もしなくなって久しいですが、その間の経験から考え方も少し変わりました。一番変わったのはタンパク質の摂取量です。私も鶏肉で何度も痛い目にあいました(笑)。最初は脂質の問題かと思っていましたが、私の場合、タンパク質の摂取過剰が原因だったようです。

一日のタンパク質の処理能力は思っている以上に低い。一日の必要量と許容量の間の閾値がかなり狭いなというのが、ここ最近の発見です。

運動しない場合、体重60キロの場合で、一日のタンパク質は60グラム+10グラムが限度。この中から必須アミノ酸を揃えて摂取しなければいけない。結構大変です。45キロの成人女性なんてたった45グラム+10グラムが許容量。食パン一切れに5グラム弱のタンパク質が入っていることを考えると、ちょっとしたことで食べ過ぎてしまいます。この許容量を越え、かつ米小麦を摂取していた場合、すさまじい痒みに襲われますが、許容量の範囲内であれば米小麦をたくさん食べても痒みに襲われない。自分の体を使って知った一つの事実です。一日のタンパク質を許容量範囲内に押さえておけば、米小麦のタンパク質が持つ悪性も押さえ込むことができるではという希望を抱く今日この頃(笑)です。

卵や乳製品はタンパク質が多く、食習慣に取り入れるとあっという間に許容量を越えてしまいます。小麦も以外にタンパク質が多く、かつ軽くサクサク食べられてしまいます。お米は多少重量感がある量を食べても、大したタンパク質量になりませんが、ガツガツとおかわりすると、タンパク質過多を助長してしまいます。米、小麦、卵、牛乳を食べないことでアトピーが改善したのは、タンパク質の取りすぎを防ぐ効果によるものだったと考えます。

最後に、カロリーについてですが、糖質はきちんと取るべきだと思います。糖質の怖さは摂取による急激な血糖値の上昇であって、糖質の量ではないと考えます。

参考にしてみてください。
Posted by あれるげん at 2018年03月15日 02:02
あれるげん様 

いつもコメントありがとうございました。
あれるげん様のコメントを参考にその後魚介類中心の生活を続け、皮膚はすこぶる良い状態を維持していました。一方で欲が出てしまい、少量であれば大丈夫かと思い、鶏卵を1,2個食べ始めました。一日目はなんともなく、「これはいける!」と舞い上がったのですが、3日目に痒み、湿疹、下痢、眠気がはじまりやっぱりだめか、とまたまた思い知らされました。もう、こういう体質なんだといい加減諦観しようと思います。同じものを食べていてもなんともない人もいれば、そうでない人もいる。当然のことなのでしょうが、、。
アレルゲン様は、糖質もとっておられるとのことですが、主な糖質源は何ですか?また、脂質は魚介のみから得ていらっしゃるのですか?もしおすすめの糖質・脂質源があれば御教示いただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。
Posted by ゆう at 2018年03月19日 11:20
ゆうさま

コメントありがとうございます。

卵は私も苦労しました。Mサイズでタンパク質は1個6グラム、Lサイズだと9グラムということなので、卵を食べた場合、注意しないとすぐにタンパク質の取りすぎになってしまう。私の場合、数日後の湿疹だけでなく、卵を食べた夜、なぜか必ず睡眠中に金縛りに襲われていました。一日の摂取総量を抑えているいまではそんなことないですが。

糖質は米小麦を排除していた時でも、芋や根菜類はよく食べてました。サツマイモ、ジャガイモ、カボチャを回転させてました。今は米小麦もタンパク質の量に注意しながら取り入れています。ただし小麦、特に強力粉は控えめにしています。繊維ものと一緒に食べたり、食べる順番を後回しにしたり、血糖値が上がりにくい工夫をしています。ブドウ糖果糖液糖を避けるのは当然ですが、砂糖は取り入れています。

脂質は量は気にせず、専ら質とバランスに注意しています。植物油を避けて、青魚をよく食べる習慣があれば、肉類を取り入れてもバランスは十分保てると思います。植物油を避けていながら肉類を食べて悪化した場合、それは脂質のせいというよりはタンパク質の取りすぎだと経験から思います。あと脂質といえば話題のアマニ油、シソ油は取っていません。一粒一粒があんなに小さいシソの実からなぜあんなに大量のシソ油を廉価で販売できるのか不思議なので(笑)。植物油を避けて、時々、青魚を刺身でいただく。これで脂質対策は十分と思います。

個人的には糖質を取りすぎても、長期的な健康は別として、アトピーは悪化しないと感じています。私の場合、脂質のバランスとタンパク質の量が湿疹を抑える主戦場です。糖質で悪化するという方も多いので、私は膵臓が強く、腎臓が弱いパラメーター配分になっているのかな、なんて考えています。人類全てが同じ食生活で健康になるなら、健康に必須な栄養素が獲得できない環境に陥ったとき、種が全滅してしまいます。糖質が得意な人、脂質が得意な人、タンパク質が得意な人、色々なタイプにわざと分けているんだろうなと思います。アトピーは自分がどんな食事が得意か、肌で明確に分かる有り難い便利体質なのでは?と最近思っています。 
Posted by あれるげん at 2018年03月19日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。