2013年12月13日

映画『ハンナ・アーレント』の構成

本日13日をもって岩波ホールでの映画『ハンナ・アーレント』の公開が終了した。連日満員の大好評だったようである。自分が観た日も朝早くから当日券の列ができていて午前中の当日券が買えず、午後のチケットをなんとか取って観たという人気ぶりだった。劇場を新宿シネマカリテ等に広げて公開は続くようである。めでたい。

憲法学者の奥平康弘さんは、岩波ホールが発行する映画プログラムに寄せたエキプ随想において、この映画の構成に違和感を感じたという。本映画の主題は「イェルサレムのアイヒマン」であるのに、なぜハイデガーとの恋愛関係を示唆するシーンや戦後ドイツでの彼との会見シーンを挿入する必要があったのか疑問だという。

しかし、アイヒマンの無思考性を語る上では、アレントの思考への態度を示唆する必要がある。それはハイデガーの思考への態度と表裏の関係にあるので、「アイヒマンの無思考」がテーマのこの作品においては絶対に必要なシーンだったと自分は思う。

ハイデガーにとって人間の思考は存在が現れる場(ダー)だ。人間の思考が時間を開き、存在が現れる場を準備する。死にゆく我々が本来的生を全うしうる意味ある世界を開くのは思考している時だけであり、活動し現象し死を忘れ日常に埋没している時、現存在たる人間は生きていない。

一方で、アレントにとって思考している現在に生の意味はない。思考しているとき、人は人々の間にいないのであり、生きてはいない。思考によって解放された美醜判断とともに現象する意志を抱いて活動してこそ生がある。思考は判断力を腐らせた凡庸な悪を防ぐ力があるが、それだけでは生に意味は生まれない。アレントにとって現象しない思考は存在しているとは言えないのだ。だから戦後の会見シーンでアレントは反省するハイデガーにこう迫るのだ。「なら、なぜ自分の考えを世間に言わないの?」と。

このハイデガーとの思考に対するスタンスの違いがあってはじめてアレントの凄さがフィルムに表現される。家族ともいえるほど親密なクルトやアレントに想いを寄せる同胞ハンスから絶縁をつきつけられても、自分の考えを彼女はしっかりと披歴した。アレントにとって思考は現象させなければ存在しない。最後の教室でのスピーチシーンには、家族や友を失う危険を冒しても言うべきことは言うアレントの強さが見事に表現されているのだ。

悪は無思考であり凡庸である。だからこそ我々は日常において凡庸な悪に加担している。凡庸だからこそ悪はすぐそこにある。そして悪を拒絶することは凡庸ゆえにかくも困難と苦しみを伴う。悪をなさないというのは決して簡単なことではないのだ。この映画は見事にそれを語っている。

是非一度ご見聞あれ。

映画『ハンナ・アーレント』
http://www.cetera.co.jp/h_arendt/
web拍手 by FC2
posted by あれるげん at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

血糖値と癌、そしてアトピー

血糖値について学んでみると驚くことばかりだ。アトピーに限らずウイルスや細菌を原因としない病気のほとんどが血糖値の急上昇と関わりがある。関わりどころか、すべての現代病の主因なのではないか。癌ですら、その根本原因は血糖値にありそうだ。

癌は細胞分裂における遺伝子のコピーミスがきっかけとなる。このコピーミスは決して珍しいことではなくて、健康な若者や子供においてすら常に体内で起こっている。でも、そのコピーミスは癌として重症化しない。なぜなら異常な遺伝子を備えた細胞は異物として免疫に検知され排除されるからだ。癌細胞が活発に分裂し、人体に障害を及ぼす大きさに成長することは至難の道である。

ところが血糖値が急上昇すると癌細胞に増殖の機会が訪れる。まず血糖値が高いということそのものが癌にとって都合がよい。血液にエネルギーが溢れているのだから細胞分裂を活性化できる。さらに都合がよいことに、人体は血糖値を下げようとインスリンを放出する一方で、血糖値の下がりすぎを抑制するコルチゾールというホルモンもだす。このコルチゾールという副腎由来のホルモンは実はステロイドである。つまり免疫抑制の働きがある。癌細胞からみれば、血糖値が上がり細胞分裂エネルギーを獲得した直後に、人体は免疫のパトロールを一時的にサボってくれるわけだ。大チャンスである。この隙に細胞分裂を積極的に行い、免疫の攻撃に対抗できるようにできるだけ大きくなれば生き残る可能性が格段に増す。

しかも、農耕を始めた人類はありがたくも定期的に炭水化物を主食として摂取してくれる。だから、定期的に血糖値の急上昇が訪れる。癌細胞からみれば、免疫の警戒をかいくぐって成長するチャンスが定期的にやってくるわけだ。癌にならない方がおかしい。癌が免疫の手に負えないほどに成長するのは時間の問題である。

発がん性物質について色々な情報が飛び交っている。放射能を筆頭に、あらゆる化学物質からごはんのお焦げまで様々だ。でもそのほとんどが遺伝子のコピーミスを誘発するものに注意が向けられている。しかし、コピーミスだけでは癌細胞は巨大化しない。癌細胞が成長する隙が必要であり、その隙とは血糖値の急上昇なのだ。日々の炭水化物摂取こそ、最大の発がん誘因行為といえそうだ。

血糖値とは実に恐ろしい。血糖値が上昇すれば、糖化が起き、酸化が起き、老化を促進し、癌の成長をも促す。血糖値は糖尿病の人だけが関心を持っていればよいような代物ではない。万人が関心を持つべきである。極端な話、血糖値が安定していさえすれば、人類はウイルスと細菌による病以外のすべてと無縁でいられるかもしれないのだ。

アトピーは皮膚炎症が常態化したものである。その主因は体内の脂肪酸がオメガ6過多になり炎症過剰体質になることだ。アラキドン酸というオメガ6脂肪酸が炎症エイコサノイド(プロスタグランジンやロイコトリエンなど)を生成する。このエイコサノイドは細菌やウイルスと闘うために必要な武器であるが、過剰になると自分自身を傷つけてしまう。アラキドン酸は食材から直接摂取するだけでなく、植物油脂に多く含まれているリノール酸から体内で化学生成される。この化学変化の触媒になっているのはなんとインスリンである。つまり血糖値上昇のたびに放出されるインスリンは体内における炎症物質の過剰化を幇助(いやむしろ教唆)しているのだ。アトピーにおいても最後のダメ押しは血糖値の急上昇にある。

血糖値をなめてはいけない。ほとんどの病気で主役を演じてやがる。
web拍手 by FC2
posted by あれるげん at 18:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

血糖値と神々

農耕を始める前、人類の血糖値は滅多に上昇しなかった。穀物を常食していなかったし、甘いものに出会える幸運にあまり恵まれなかったからだ。だからこそ血糖値を上げる食材にありつけたときは、これ幸いと人体は非常事態モードに突入する。生体リズムを狂わしてまで、膵臓と副腎を機能させ、獲得した糖をグリコーゲンや脂肪の形に化学変化させて蓄積する。いづれやってくる飢餓のために体内にエネルギーを保存させることに注力する。血糖値上昇とは人体にとって滅多に起きない貴重な栄養備蓄チャンスだったのだ。ゆえに膵臓がインスリンを、副腎がコルチゾールをせっせと出す。インスリンが糖を化学変化させて血糖値を下げ、コルチゾールが血糖値の下がりすぎを抑制する。この仕組は非常システムであり、常時に発動する機能としてそもそも設計されていない。

しかし、農耕をはじめて穀物を日々摂取するようになると、血糖値上昇が常態化する。副腎の役割は、栄養獲得作業において、文字通り「副」として補助的なものだったはずだ。「主」となるべき機能は腎臓によるたんぱく質の選別(過剰なアミノ酸を尿素窒素にして排出)であって、副腎ではない。だから副腎は腎臓よりうんと小さい。しかし、主食として穀物をメインに据えると、血糖値上昇に対応する膵臓や副腎が「主」で、たんぱく質に対応する腎臓が「副」に回ってしまう。これは副腎に能力を超えた役割を任せることにつながり、副腎を容易に疲弊させ、生体リズムまで狂わせる。

しつこいようだが副腎の機能は緊急時に対応するものである。生命の危険にさらされた時に血圧を上げたり、アドレナリンを出したり、糖質に出会ったときにコルチゾールを出したり、本来滅多に起きないことに対応するためのものだ。だからこそ副腎が緊急時に働くときは生体リズムが狂うというリスクを負う。副腎は危険に出会う確率が高い朝から昼に活発に働く設定になっている。だから副腎が働くときは自律神経も昼だと認識する。夕食時に穀物を食べ血糖値が上がれば、副腎が働かざるを得ない。自律神経も危険な昼だと認識する。だから寝付けなくなる。確かに食後すぐは消化のために胃腸へエネルギーが回されるので、脳にエネルギーが回らず一時的には眠くなる。しかし峠を越えてしまえば、今度は全く寝付けない。こんな経験は誰しもあると思う。現代人の昼夜逆転の主因は夕食に穀物を食することにあるのだ。

副腎が疲弊すれば当然アトピーをはじめとしたアレルギーは悪化する。副腎は体内の過度な炎症という非常事態を鎮めるためにホルモンを出すのであるが、日々の血糖値上昇で疲弊していると、その役割を放棄する。よって炎症が常態化する。湿疹は常態化する。だからアトピーの場合、副腎のホルモン剤つまりステロイドを外部からアウトソーシングして対処する必要に迫られるのだ。アトピーとは血糖値の上昇が常態化していて副腎が疲弊しているサインである。要は「甘いもの」または「炭水化物」の摂りすぎである。この二つは極論を言えば人体に不要な要素であるにも関わらず、我々は数千年にわたって常食している。副腎が疲弊していない人は一人もいないといっていい。いつでもだれでもアトピーやアレルギーに襲われる危険があると言える。

穀物つまり炭水化物は本来常食とすべきではないのだ。お米は日本人の主食といわれて久しい。本当だろうか?疑うべき時が来ている。日本においてお米は神々の主食であって、人間の主食ではないのではないか。我々、豊葦原の瑞穂の国に住む人間は、八百万の神々からお米をほんの少し食する幸運を分け与えていただいているだけであって、主食としてガツガツ食べてよい立場にはないのではないか。そんなことをすれば罰が当たるのだ。懐石料理を食べてみれば分かる。お米は最後に本当にお少々を締めとして頂くものだ。食を与えてくれた神々に感謝しながら、ほんの少しだけ噛みしめるように頂く。これが本来のお米の食べ方のような気がする。お米は神聖なものなのだ。人間ごときが主食にするなど分不相応だろう。


タグ:血糖値 副腎
web拍手 by FC2
posted by あれるげん at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。