2013年11月03日

人間は肉食?

人間は雑食であるが、肉食をベースにした雑食なのかもしれない。

よく歯の形から、人間は穀物を主体にした雑食であるという説を聞く。臼歯が多く、犬歯が発達していないからだ。私もその意見は妥当だと思っていた。しかし『炭水化物が人類を滅ぼす』の著者、夏井睦先生の意見は違う。彼は胃腸の形から人間は原則として肉食だと判断している。草食ならば、胃を複数保有し、胃腸消化システムは非常に精緻かつ複雑になるはずだ。長大複雑になった腸に様々な細菌を宿すことで、植物を素材にした化学変化からアミノ酸を抽出する仕組みを備えられる。また自ら消化酵素を作り出す仕組みを持たず、腸内細菌に消化をアウトソーシングするというのも草食の特徴だ。人間の胃腸は単純で、肉食動物のそれに近い。植物からアミノ酸を抽出する力はほとんどなく、消化酵素も自前で作り出す。消化器官からみれば人間は明らかに肉食的なのだ。

ではなぜ人間の歯は穀物の消化を示唆するような形なのだろう。その疑問は「手」の存在に注視すれば解決しそうだ。人間は消化において手で食材を加工する。その手順を考慮せず、歯の形から人間は穀物主体の雑食と判断するはおかしい。人間は他の動物のように食材を直接口に入れたりしない。ならば、歯の形だけを基礎資料にした考察は明らかに誤りだろう。戦後の日本人はかたいものを食べなくなった習慣から顎が細くなり、歯が小さくなっているという。たった一世代で明らかに歯の形の平均が変化している。歯の形は非常に可塑性があるのだ。ということは、歯の形から人間の遺伝子に適した食を推定するのは拙速といえる。胃腸から判断した肉食説が妥当のように思う。魚貝類、小動物、昆虫などが本来人間が食べるべき食材なのだろう。(ただし肉食と言っても、牛や豚といった現代の我々が常食しているいわゆる「お肉」とは限らないのでご注意を!)

肉食が血管硬化による心筋梗塞や脳卒中を招くというのも眉唾で、どうやらその原因は炭水化物にあるようだ。炭水化物摂取による血糖値上昇と高たんぱく食が組み合わさることで、リポタンパク粒子(たんぱく質と脂質の結合体で水に溶けない脂質を血液に溶かしこむ作用がある)の小型化が起きる。小型化したリポタンパクは血管内皮に入り込み、酸化し、マクロファージを呼び込む。マクロファージはリポタンパクを食べ、プラークとなって血管に蓄積してしまう。これが血栓となる。また、血糖値上昇はシミやシワなど老化の要因と近年指摘される糖化タンパク(AGE)の発生蓄積を促進する。それが血管を硬化させる。問題は高たんぱく高脂質食ではなく、血糖値なのだ。

そう考えると、血糖値を上げ、かつたんぱく質を多く摂取する食事が血管を硬化させると言えそうだ。穀物と肉がセットになっている料理が最悪なのであって、肉そのものに罪はないのかもしれない(といっても、家畜化した牛や豚の肉はアラキドン酸が多すぎるので、炎症過剰体質を招く危険あり!)。肉は肉、穀物は穀物で別々に摂取するのが肝要ではないだろうか。一日の活動を始める朝食は炭水化物をしっかり取り、たんぱく質の摂取を控えめにする。食後一時間以内に活動を開始すれば、そこに消化されたブドウ糖エネルギーが投じられるため炭水化物による血糖値上昇を抑制できる。一方で活動を終えた夕食はたんぱく質を多く取り、血糖値を上げる炭水化物を控え、一日の活動で破壊された体の修復材料の摂取に努める。朝食と夕食にきちんとした役割分担をさせることが大事なのではないかと思う。

当たり前のように考えている主食(炭水化物)プラスおかず(たんぱく質と脂質その他)という考え方は間違っているのではないだろうか。組み合わせると確かに美味だが、それは麻薬のような奢侈的行為であって、生きるための行為ではないのではないか。


タグ:肉食 雑食 草食
web拍手 by FC2
posted by あれるげん at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

糖質制限の危険性について

夏井先生の本に刺激されて、脱炭水化物を始めてみた。もともとアトピー対策として強力粉は完全排除していたので、日々のごはんと麺類を排除すれば、立派な糖質制限である。

3日間、お米と麺類を排除した結果、確かに体は楽になった。特に眼精疲労が起きにくくなったことが意外な効能である。目の網膜は脳と同じくブドウ糖のみをエネルギー源としていることを考慮すると、もしかしたら炭水化物の摂りすぎが日本人に近視が多い原因かもしれない。お米による血糖値上昇が目に予想外のダメージを与えているではないだろうか。

一方で、便秘には閉口した。自分は滅多に便秘しないので、お腹が張るという感覚はある意味新鮮である。4日目の朝食でご飯を頂くとぜん動運動が始まり、めでたく便秘が解消した。どうも朝のお米は腸の活動スイッチになっているようなので、朝はきちんとご飯を頂くことにしよう。夕食に炭水化物を抜くというのが、疲れを翌日に残さない方法として、万人に勧められる糖質制限なのかなと思う。

糖質制限の危険性も気になる。糖尿病学会は、糖質制限によるたんぱく質の摂りすぎが腎機能を痛めたり、脂質の摂りすぎが動脈硬化を促進させるとしている。ただ、個人的にはこの指摘に説得力を感じない。腎機能に負担をかけるのは、たんぱく質の摂りすぎではなく、たんぱく質の種類に偏りが出た場合だと思うし、動脈硬化を促進させるのは、おそらく脂質の摂りすぎではなく、脂質の脂肪酸バランスの偏りが原因でないかと考えるからだ。

アトピー克服において学んだことは、たんぱく質はただ採ればよいのではなく、必須アミノ酸をバランスよく摂取することが大事ということだ。量ではなく質の問題だ。特定のアミノ酸ばかり摂取すると腎臓がアミノ酸バランスを採ろうと必死に摂りすぎたアミノ酸をこし取ろうとするので負担がかかる。対策としてはプロテインスコア(アミノ酸スコアではない)が高い食材を中心にタンパク質を摂取するように努めれば良い。

また、脂質も量ではなく質の問題だ。オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスを保ちながら、摂取することが肝要である。オメガ6過多になると炎症過剰体質になり、肌に炎症が起きればアトピーになるし、腸に炎症が起きればクーロン病になるし、血管に炎症が起きれば動脈硬化になるわけだ。糖質制限そのものが心筋梗塞や脳卒中の原因ではないと思う。対策としては揚げ物や炒め物は極力排除し、青魚を積極的に摂取すればよい。

糖質制限の欠点は、血糖値が下がりすぎることを防ぐ対応策にあると思う。確かに糖質を取らなくても、糖新生やケトン体によって血糖値の極端な低下は防げる。でも糖新生やケトン体生成という作業には大量の活性酸素が発生するはずだ。糖化による老化は防げても、酸化による老化が促進されては意味がない。適量の糖質をとって血糖値を安定させ、糖新生やケトン体を抑えることは、酸化による老化防止に寄与するのではないだろうか。

たんぱく質と脂質の量に注目する糖尿病学会の主張は的を外しているし、糖質制限を推進する先生方が、糖質は一切不要!肉は好きなだけ食べてよし!揚げ物や炒め物も問題なし!というのも極論すぎるのだ。いくら食べても大丈夫というのは完全なる思考停止であり、思考停止した先に良いことが待っているとは思えない。

人体というのは複雑系そのものであり、我々は何も分かっていないに等しい。たとえ理論的に整合性がとれているようなことでも、意外なところに落とし穴があるものだ。人類はここ数千年間、炭水化物を採りすぎてきたのは間違いないと思う。一方で、数千年の間に炭水化物過多に対応するように微妙に進化していることも間違いないのだ。日本人が欧米人に比べて腸が長いのはその表れだろう。炭水化物を完全排除することは、その進化の流れに逆行する試みかもしれない。良く解らないときは自分の体感を第一にすることが大切だ。とりあえず、夕食だけは完全に脱炭水化物!で様子をみてみようと思う。


web拍手 by FC2
posted by あれるげん at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

書評:夏井睦『炭水化物が人類を滅ぼす』光文社新書

面白すぎる一冊。そして革命的な一冊になりうる可能性を秘めている。

私はアトピーを食事療法で治した経験がある。その経験から小麦や米の摂取は体に害悪であることを身をもって実感してきた。しかし、それは急激な品種改良によるたんぱく質の変化が原因であって、決して糖質の過剰摂取に原因があるわけではない。糖質制限で体が楽になったという体感報告は、糖質制限による効果というより、品種改良によって毒と化したお米や小麦を摂取しなくなったことによるものではないだろうか。そう疑っていた。

そんな中で、今回は湿潤治療で有名な夏井先生が糖質制限を肯定し実践されているという。夏井先生の湿潤療法には驚かされた経験がある。擦り傷には消毒は不要で、水洗いだけで足り、傷口から出てくる体液が乾かないようにするだけで十分というのだ。しかも痛みを抑えながら早期に改善に向かう。アトピーで全身擦り傷だらけといって過言でなかった私には、経験から納得いくものばかりだった。アトピーによる傷口も、全身に及んでいるので消毒などいちいちしていられない。汚い手であちこち掻きまくっているのだから、傷ぐちは雑菌だらけのはずである。消毒必須論からすれば、全身膿まくるはずだ。しかし一切膿んだことはなかった。しかも乾燥を防ぐという方法はアトピーによる皮膚炎症を抑えるのにも一定程度効果的だった。治してもまた痒くなり掻きむしってしまうのだけれど…。でも擦り傷には湿潤療法!というのは間違いなく正しい選択だと身をもって感じた。

夏井先生の理論は、ご専門の形成外科医としての知識だけでなく、思想史つまり人類の知の歴史を俯瞰した上で、現代の医学理論のパラダイムを位置づけ、それを批判検討した結果として生まれたもので、とても説得力がある。そんな夏井先生が今度は糖質制限を肯定し実践しているというのだから拝読せずにはいられない。

読んで驚いた。炭水化物そのものをほぼ毒物扱いである。まあ毒物というのは言い過ぎで、人体に不要な奢侈品であり、酒やタバコと同じ扱いだ。摂取しなくても生存には何ら問題ないし、摂取過多は健康を害する。そして一度炭水化物の味を覚えてしまうと、なかなかやめられない中毒性がある点でも酒やタバコと同じだ。そしてその中毒性が文明を切り開き、集住生活(定住ではない)をもたらし、法や政治や戦争を生み出したというのだから、ぶったまげる。本書によれば炭水化物という奢侈品に取りつかれたことによって、過重労働が生まれた。純粋に生存のための農耕ならば、大豆を栽培にした方が、手間もかからず楽なのに、人類は米や小麦を選択した。その味に取りつかれたからだ。米や小麦に基づく過重労働が労働の神聖視をもたらし、その正義のもとで財産制度も出来上がっている。もし先生の理論が正しいのだとしたら、今後100年で人類は大革命を経験することになる。農耕革命、産業革命に続く、脱炭水化物革命だ。IT革命なんてはっきり言って小事にすぎない。近代思想の袋小路を脱する契機が脱炭水化物にあるかもしれないのだ。わくわくせずにはいられまい。

お米や小麦は品種改良によって消化が困難なアレルギー食材に変わってしまっている。それは実感として間違いないと思う。それどころか、そもそもお米や小麦は人類が毎日摂取すべき食材ではなく、麻薬性のある奢侈品なのかもしれない。炭水化物の生産は大量の淡水が必須で、アメリカの小麦生産を支える地下水資源はあと数十年で枯渇する。どう考えても人類は今の食習慣を維持すべきではない。いや維持できない。炭水化物は生存に不要ならば、炭水化物に固執する人間は明らかに贅沢だし、環境破壊や差別的な社会制度の元凶だとしたら、炭水化物を三大栄養素として疑わない無思考は「悪」そのものだろう。糖質制限食、脱炭水化物食は、単なるダイエット法の一ブームではすまない。人類を全く新しいフェーズに移行する可能性を秘めた試みなのだ。

ただ受け入れられない部分もある。本書で夏井先生は油物に関して何を摂取しても問題ないと主張されている。だが、これは明らかに間違っている。リノール酸の摂取過多は人体を炎症過剰体質にして確実に健康を害する。糖質制限するにしても、油脂の摂取(量ではなく質)には十分注意しないと痛い目にあうだろう。揚げ物や炒め物は極力排除して、調理は煮る、焼く、蒸すに限定し、青魚を積極的に摂取するべきだ。糖質制限の旗振り役である江部康二先生もリノール酸の摂取過多には警鐘を鳴らしている。この点は夏井先生に再考していただきたい問題である。






web拍手 by FC2
posted by あれるげん at 13:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。